本部よりお知らせ

九州一斉住宅用火災警報器普及啓発キャンペーンの実施について


予防課

令和4年5月25日(水)から6月8日(水)の間、本消防組合では住宅用火災警報器普及啓発キャンペーンを実施しております。

管内では、住宅用火災警報器の設置義務化から11年が経過しています。

ご家庭に設置されている住宅用火災警報器も設置から10年以上が経過している可能性があります。

10年経過すると警報器本体及び電池の劣化により、故障している可能性があるので、ご自宅の住宅用火災警報器の点検と故障していた場合は新品へのお取替えをお願いします。

 

住宅用火災警報器 交換診断シート (一般社団法人 日本火災報知器工業会)